So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

小沢健二 東京の街が奏でる

malibu-kenji-ozawa.jpg


3月22日
小沢健二さんのコンサートへ行ってきました。


思春期真っ只中、オザケンに夢中になり、オザケンが出るテレビ、ラジオ、
雑誌を必死でチェックし、オザケンが住む東京に憧れ、森永ダースを食べまくり、
とにかくオザケンに恋をしていました。


大人になっても、音楽プレイヤーには必ず小沢健二さんの音楽を入れていたのですが、
コンサートに行ったことはありませんでした。

(ひふみよの時は抽選に外れても、まあ仕方ないか…ぐらいのテンションだったので)


運良く、第一希望日が当選。
同僚の協力により平日3日間の休みをもらい、3月22日のオペラシティに
行くことができました。


18:30過ぎに開演。
3時間があっという間に過ぎました。


ある光、天使たちのシーン、それはちょっと、東京恋愛専科、おやすみなさい、仔猫ちゃん!、
暗闇から手を伸ばせ、それからBack To Backも。
このほかにも、とにかくたくさん歌ってくれました。


ギターを弾く姿は、本当にかっこいい!


新曲の「東京の街が奏でる」は、知らない曲なのにすーっと入ってくるメロディで、
上手く表現できないけれど、さよならなんて~をラジオで聴いたときを思い出しました。


幸いなことに、席が前列中央だったということもあり、目の前で、手が届きそうな距離で
見て聴くことができました。


憧れの人は、やっぱり素敵でした。



…東京は5年ぶりぐらいでした。
地方に住む私としては、「東京で小沢健二に会えた」というのが
ちょっとしたスペシャルになり、良い思い出になりました。



そういえば、富士山ってやっぱすごいっスね…
行きの新幹線で富士山が見えたとき、急にテンションあがりましたもん。



005.JPG



スカイツリーも。



008.JPG



小倉の街が奏でるのは、行き交う人たちの「なんしよん」。



明日からまた仕事だな。相棒のDVDと、録画した最終回も見なくちゃ。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。